カリフォルニアのディズニーランド、意外な落とし穴が!

乗り物酔いしやすいのと怖がりなので、ディズニーランドでもユニバーサルスタジオでもライドはもうヤダ!ということで子どもたちが乗ってる間は出口で待つことに。

娘とまわった前半は幼児用みたいな列車とか楽しんだ(これ45年前に乗った思い出の列車)。

でも息子1と息子2とまわった後半はサンダーマウンテン連続3回とか乗るのでほんと待つ女にw

でも楽しいの。

だってポケモンGOがあるからー。

それにクリスマスの飾りつけ素晴らしいし。

楽しそうに走り回る息子1と息子2を見るのは楽しいし。

でも。。夜の9時頃、携帯の電池がやばいことになってしまった!残り10パーセント!

ポータブルバッテリー忘れたし。

しかも10パーセントだ。。と気付いた直後に0パーセントになってしまったー!

その瞬間、私の充電も切れた。。

カリフォルニアのディズニーランド、携帯を充電できる場所皆無!

もう寒いところで息子1と息子2を待つのは限界。

夜のファンタジアを見るために娘とオットを探しに。

でも近視の私、巨大ディズニーランドで2人を見つけられるはずなく。。

やばい。。

家族とはぐれたというのは恥ずかしいので

「子供が迷子なんです」とスタッフの人に助けを求める。緊急事態?という緊張感が彼らの顔にはしる。

けど子どもの年齢を伝えた瞬間、

「じゃあシティーホールに行って見てくださいねー」と放置される(笑)

やばいことに家族の携帯の番号暗記してない。

ラッキーなことにオットのだけは突然思い出せた。

ここで気付いた。。

迷子になったのは実は私。。。

このままカリフォルニアでホームレスになってしまうの?

シティーホールに行って状況を説明。電話かしてもらってオットにかけるが。。。

登録してある電話番号以外すべてブロックしてる!!!

とりあえず留守番のこす。シティーホールに来て!と。

シティーホールのそとで寒い中、1時間待つ。だれも現れない。留守電聞いてない?もしかしてオットの携帯も充電切れ?

マッチ売りの少女に気分。まあマッチ売りのおばさんだけど!

もう1回かけたら繋がった!どうやら留守番聞いたみたい!

今娘と息子1がこっちに雨の中走って向かってるらしい。

ファンタジアのあと、なんと私が場外駐車場にいると思って外に出た4人。

出るわけないじゃんー。あんな危ないとこ夜中にー。オットはそういうこと思いつかない。

でも娘が「お母さん、こんな巨大駐車場でうちのレンタカー探せないよ?ナンバープレートも車種も覚えてないし。第一、駐車場行きのシャトルバスも乗れないよ」と機転きかしたらしい(さすが娘、わかってる~)

で、入場口で娘と息子1を待つ。走って現れた彼らがあれほど眩しく頼もしく見えたことはない。

私よりずっとしっかりしてる。これからはもう老いては子に従え、だわね~。

捕獲、いえ救助時刻23:45。閉場15分前。

ほんと携帯ないからuber も呼べないし、家族とも連絡つかない。

ここで学んだこと。

携帯バッテリ残り20パーセント切ったらもう使わない。非常用にとっておく。

そして携帯が普及してからやめてしまった習慣。。。

「もしはぐれたら○○で落ち会おう」と決めておくこと。

あと、家族の携帯番号、「紙に」控えておくこと。

テクノロジーに頼りすぎな私でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。