アメリカって高校生の部活でも親の出番が多いの

今日は24人の患者さんの半分だけ担当という割と楽な研修だったので7時30分ぐらいでお仕事終わり〜。

ジムによって筋トレして。。と一瞬思ったけど、外は雨。しかも冷たい雨。

これぞポートランドの冬という感じの夜だったのでそのまま家に帰ることに。

今週はダンナはオハイオ。

でも、息子1がモカのお散歩とゴミ出しをしておいてくれて助かった。やっぱり長男は責任感が強いわ。

え、長女は?

でも、今週末の弟たちのホッケーの試合、私は仕事だし、普段チームマネージャーやってるオットはオハイオに行ってていないし、一体だれがチームマネージャーを?っていう大変な事態なんだけど、娘がマネージャーを引き受けてくれることになって助かった〜!

そうなんです。日本じゃ考えられないことだけど、高校生の試合なのに試合のスコアシートに必要情報を書き入れたり、コーチや審判にサインしてもらったりという事務作業を親がやるんです。

ペナルティボックスに入って選手を出したり入れたりっていう作業も親。

高校生の試合にかなり親の協力が必要なんです。

文化の違いですねー。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。