中国の真似は。。(内容訂正)

昨日NPRで聞いたんだけど、中国がコロナ拡大阻止に成功したのは、厳しい検査対策に取り組んだからだって言ってた。でもアメリカはそこまでできないだろうなーというのが私の印象。

アパート、会社、学校などなど入り口に人員配置し、すべての人の体温チェック。そこで熱があった人は病院に設置した検査テントへ送る。

そこでCTスキャン、血液検査を含めた徹底的検査。結果が出るまで自宅で待機なんて甘いことは中国ではなかったそうです。すぐに隔離施設へ。しかも隔離施設。子どもでも親が面会も禁止。

いや〜アメリカじゃ無理ですよね。

アメリカではイベントが各地で中止に。

大学も休校。特に私立は対応が速かった。

でもなぜか娘のコミカレは開いてる。休校検討中だとか。。。

そして、公立の小中高はガッツリ開いてる。(が!月曜日(今日は金)から休校決定!いぇい)

イタリアでここまで被害が拡大したのは、対策遅れみたい。クラブとかも遅くまで空いてたし。アメリカもだけど、最初のころコロナをバカにする風潮があったのよね。

私も最初のころはバカにはしてないけど、インフルの方が流行ってるのにって思ってた。

手洗い、手洗い。

って言うけど、そんなの今までちゃんとしてなかったの〜?

でもしてない人多いんですよね、ここでは。。

そしてしきりとマスクは無意味。(私も一瞬洗脳點せられたけど)

かえって危険説が横行。でもそれじゃ、なんで感染症の人のケアするときに医療職のひとマスクするの?やっぱり効き目ゼロのはずないよね。。。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。