ボーナス一日200ドル!

給与明細を見てびっくり!明日仕事入ってないけど、来てもらえる?と頼まれてノーと言えずに入ったシフト。5日連続勤務になっちゃって疲れたけど、pick up shift bonusというボーナスがつくのね〜!

その日のお給料の他に200ドルも手当てが付くの!おお!やめられないわ。

確かに人材派遣からナースに来てもらうよりは安いもんね。

でももう週4日勤務で大変なのでこれ以上増やせないなー。

さて、昨日職場に行ってちょっとビックリ。

東アジア系、つまり韓国系か中国系か日系の男性CNAがいたの。しかも中年の。老人ホームでCNAとして働く東アジア系の人ってすごく少ないし、男性、しかも中年だとさらに少ない。っていうか今まで見たことないわ。

若いアジア系の子なら、看護学校かPA学校目指してる子はいるけど、それでも実は若い男の子も見たことない。

だからすごくびっくり。そして後で聞いてさらにビックリ!そのひと、なんとアメリカに移民する前はなんとなんと!!!脳外科医だったんだって〜!いったいどういう理由でアメリカに来たのか絶対に聞きたい!そんなこと聞いたら失礼だよーって娘に言われたけど、おばちゃん、聞かずにはいられない!

自分はせっかく苦労して大学院まで出たのに准看護師か。。。って毎日思ってるけど、彼を見たら私なんてたいしたことないわって思った。

さらに。。。

一緒に仕事してるアフリカ人のRN、なんとなんと!!!私の超あこがれだけど5年間頑張ったけど、入れなかったので泣く泣く最近諦めたオレゴンの医大付属の看護学校出身ということが発覚!そんなエリート看護学校出た人、ふつう老人ホームで働いてないのよ。

話してたら、私とGPAほぼ同じなのにその大学に受かったってことは、やっぱり私たちアジア人はGPAが超完璧じゃないとダメなのね。。。と思ってたら。。。

なんとなんと!彼も本国ではプロバイダーだった〜!!!アメリカにはphysician’s assistantと言って、医者じゃないけど、医者に限りなく近く、診断したり処方箋かいたりできる仕事があるの。で、アフリカの出身国で都市部から離れた過疎地医療の現場で活躍してたんだって。そりゃ私は負けるわ。GPAのレベルを超えた話だわ。

しかも、資格を全部取ったあとは自分の出身国に帰って医療に貢献したいと。素晴らしすぎる。

しかも私よりずっと若いし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。