あまり痛くなくても怪我が重症の場合もあるので要注意〜

理学療法士の先生のところでリハビリ行ってきました〜。最初から「いやーそんなに痛くないんですよね〜」と言っていたので、軽傷だと思われていたみたいだけど、先生、内出血を見て、おどろいてました。ほんとの筋肉の裂傷だったみたい。こわ〜い

苦しいトライアスロンのトレーニングのおかげで痛みに強い体になっていたみたい(笑)

肉離れ受傷後10日も経つのにまだしないといけないことを教えてもらいました。3日間だけでいいと思ってたのに違ったんです。。。

  • 心臓より高い位置にあげておく
  • アイシング
  • 固定ブーツ(あと3週間も〜!)

やっぱりふくらはぎをかばってるせいか、膝もちょっと痛いかも、と言ったら、腿の内側の筋肉や、膝の筋肉を強化するエクササイズを教えてくれました。

10回を3セットです。

エクササイズの図解

膝のためのエクササイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

女性は腿の内側の筋肉が弱いことが多いそうです。で、女性ランナーの膝の痛みはそこから来てる事が多いらしい。

やっぱり6月のハーフアイアンマンディスタンスのトライアスロンは無理そうです。納得したらPTの先生も安心してました 今年は弱い筋肉を強化して怪我に強い体作りすることに専念しましょうよって言ってもらえて気が楽になりました。良い先生だわ〜。OHSUのリハビリの先生です。お近くの方、おすすめですよー。

Pacific Crestの大会事務局にも早速連絡してエントリーを来年に延ばしてもらうようにお願いしておきました。

ヨガはダメよと言われたのですが、無理しないということでOKしてもらいました。椅子に座ってできるポーズだけです。

ストレッチ気持ち良かったです。
↓の レゴの写真、ポチッとしてください〜!ブログランキングに燃えてます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。