ポートランドの看護学校、ボストンのビジネススクールより入るの難しいとは!

あと数ヶ月で入学願書提出締め切りのポートランドコミュニティカレッジ(PCC)の看護学校。願書記入してて、いろいろわからないところがあったので質問をするため、医療関係学部の入学課に行って来ました。

こういうところもPCC(他のコミュニティカレッジもかな)って素晴らしいと思うのですが、事前に予約さえすれば親切なアドバイザーが親身に相談にのってくれます。

で、言われたことが。。

「もっと必須科目の理系科目とってしまわないと、入学願書出せないわよ」

そっか〜。応募要項ちゃんと読んでなかったわ。OHSUの方は来年7月までに全ての必須科目を履修しておけばいいので、PCCもそんな感じかなと思い込んでいたのですが、PCCの方は今年の12月までに履修しておかなければならなかったのです。

OHSUの方も厳しいなこれは。

ということは、2016年の9月入学を目標にしていたのですが、2017年の9月まで待たないといけないみたい!

まあ、すでに他の学生さんより20年ぐらい年上なんだからあともう1年待つぐらいいいか〜。

がんばってピチピチの肌を保たねば(ってもう遅いわw)

昔、ボストン時代、ビジネススクールにアプライしたときは必要書類出しただけで簡単に合格通知来たのに、看護学校入る方がずっと難しい! どうやらポートランドは看護学校志望者が多いみたい。他の街も教授の話では西海岸、東海岸沿いは両方、競争率激しいらしい。

でも、その間は割と入りやすいみたいです。

必須科目(40単位必要。。)もオールAじゃないとダメなのよと言われ。

さて、図書館で大好きな(笑)骨ボックスを借りようと思って並んでいたら、同じクラスの現役女子大生ふたりが前に並んでいるではありませんか!

勇気を出して、「一緒に見てもいい?」って聞いてみたら、「いいですよ〜」と快くOKしてもらえました(え〜困ります〜とか言えないですよね、確かに)

たぶん20代前半?ふたりとも可愛くって、声も可愛くって、え〜あの頃って私もあんな感じだった?と錯覚に陥り。

でも、もっとおばさんっぽかったな、すでに。

「看護志望ですか?」と聞かれ、「そうなの〜最年長の新米ナース目指してるの〜」と言ったら、「でもAll Agesで年齢なんていろんな方がいるから大丈夫ですよ!」と勇気付けてもらいました。

可愛いし、良い子たちだし、若いうちから質実剛健な専攻選びをしてるし、えらいなぁ。

ふと気付いたらうちの娘とたいして変わらない年齢なんだわ。

あ、そうそう、昨日かえってきた第2弾中間試験(中間が2回も!)、Aでした〜!わーい!わーい!アイスホッケーの試合、練習の合間を縫って勉強したかいがありました。テスト直前まで見てたところも出ました。とにかく最後まであきらめないことですね。
ブログランキングに参加してます。
↓をポチッとお願いしますー。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。