突き飛ばされないようにするには

ホッケーコーチが子どもたちに説明するのを聞いて勉強になりました!他のプレーヤーがぶつかってきた時にふっ飛ばされないようにするには、

膝を曲げて低い姿勢をキープすること

なんだそうです。

このあいだ、うちのダンナが練習試合中にぶつかってきた人につき飛ばされて、脳震盪を起こしたのでどうやったらそういう転倒を防げるか考えてたんです。

脳震盪って以前想像してたよりこわいなと思うようになりました。症状が長期化することもあるみたいだし。今回、ダンナは頭を打ってから2日たってから、仕事中、頭がぼぉっとしてきて集中力が異様に低下したと言ってました。そういえば脳震盪は頭を打った時に症状が出なくても、数日後に出る事があると、サッカーのコーチをしたときにとったオンラインコースで習ったなぁ。

あと、思ったのが医療関係者でも特に知識の無い人がいるので要注意です。大学病院でうちのダンナが予防接種してもらったのですが、ちらっと脳震盪になったのかもという話を看護師さんにしたところ、笑いながら「でも今朝起きた時生きてたからだいじょうぶよね〜。」と言われたんです。どういうふうに安静にすべきで、どんな症状が出たら診てもらう必要があるか説明するべきなんじゃないの?って思いました。

子どものホッケーの練習のあと、ちゃんと宣言した通り、バイクインターバルトレーニング、ローラー台でガシガシこなしましたよ〜。バイク、1週間ぶりだったせいか最初の10分間のウォームアップのとき、脚が重くてびっくり。でもインターバルがはじまってからは快調♪ちゃんと心拍数も166bpmまであげられたし、汗ダラダラだったし、たったの20分でしたが、ただ漫然と1時間こぐより効果があるんじゃないかなー。

明日はスケート、一般開放の時間に練習してきま〜す。低姿勢で(笑)。

ポチっとしていただければ嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。