結核検査とか抗体検査とか

アメリカの看護学校は合格したあともいろいろ検査があります。

麻薬使ってるかっていうことを調べるための尿検査。

犯罪歴あるかっていう警察データベースのチェック。

まあこの2つは問題ないはず。まあ事務処理ミス天国のアメリカだから、絶対問題ないとは言えないけど。

そして、結核のツベルクリン反応検査。

そして、

MMR (2 vaccinations or positive antibody titer for all 3 – Measles, Mumps, and Rubella)

Varicella (2 vaccinations or positive antibody titer)

Hepatitis B (3 vaccinations or positive antibody titer)

たちの抗体があるか。

TDap (not just Tetanus – must have Diphtheria & Pertussis)

の、予防接種受けてるか。これは割と最近受けてたから良かったー。

あとインフルエンザの予防接種。コロナの予防接種はもう受けてるからオッケー。

そして健康診断。

抗体検査と健康診断は来月に予約入れて、

結核のツベルクリン反応は今日来てと言われたので、行ってきた。

ここが曲者!

今日来てと言われたけど、今日ツベルクリン皮内注射して、それから結果を見てもらうのに48時間から72時間後にまた同じクリニックに行ってメディカルアシスタントさんに会わないといけない。その結果を見てもらうための予約してなかったことをクリニックに向かう途中思い出した。

やばい。ちょうど48時間〜72時間後はクリニックが空いてる時間はずっと私仕事よー。

まあ同僚ナースに見てもらってサインしてもらえば良いよね(さすがに自分でやるのはダメだろうけど)

と納得して、クリニックに到着。

クリニックでメディカルアシスタントさんに「うちの職場のナースに見てもらってサインしてもらえば良いですよね」言ったら、

かなり強い調子でノーと言われてびっくり。すごく融通効かない感じの人。


「どの職場も結核検査の結果を調べに1時間、席外すのは問題無いはずです!」みたいに強い態度に出てくる。いやいや、あんた老人ホームの現実知らないよ。人手不足なんだから。

仕事忙しいから無理って言っても、同僚にRNがたくさんいるからって言っても全然聞き入れてくれない。

あんたじゃ話にならないわ!マネージャーだして!なんて言えないしw

らちがあかないので、諦めて、今日はツベルクリン皮内注射諦めて、また別の日で予約入れました(今度はちゃんと注射の日の48時間〜72時間、仕事が入ってない日を選んで)。

メディカルアシスタントができること、なんでRNの同僚がやっちゃダメなわけ?

同僚RNがサインするからウソの結果じゃないのに。

でも何を言っても全然、話を聞こうともしない様子なので諦めてさっさと診察室から出たわ。もちろんソーリーとか言わないの。

彼女としては、せっかくツベルクリンを注射器に入れてきて、今打とうと思ってたのに!とイラっとしてると思うけど。

で、ここでふと思い出した。私の職場でそろそろ結核検査する時期何じゃないの?ということで今人事に調べてもらってます。

そしたら、タダで同僚に皮内注射してもらって、ツベルクリン反応みてもらえるし、わざわざクリニック行かなくていいしー。

ラッキー。

でも心配なのが。。。

今日診察室に入った分、請求されるのかしら。

ドクターと全然しゃべったわけじゃないし、大丈夫だよね?あぁ心配だわ。

150ドルとかっていう請求書来るのかしらー。

来たら、戦うざますわよ。

↓クリックしてね。しつこくランキング参加中よー。

にほんブログ村

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。