北海道の温泉と英語

昨日泊まった北海道の支笏湖湖畔にある翠山亭で、これは良いな!と思える外国人観光客に対する接し方を目撃。

まず外国人とすぐにわかるお客さんにも日本語で話しかけます。

日本語話したいのにずっと英語しか使ってもらえなくて残念な思いをする外国人も多いらしいので

そして日本語が全然通じないとわかった時点で文法は完璧じゃないけど分かりやすい表現で明確に伝わる英語に切り替え。

これ、ラグビー応援で街中で大騒ぎした外国人にも使えたし

オリンピックで来日する外国人観光客や選手にも使ってほしい。

まずは堂々と日本語で。

昨日テレビで観てショックだった。

酔っ払った外国人観光客が置き引きしたりしても「外人さんに私、英語で説明できないし」という理由で日本人側が諦めた事件多発なんですって。

アメリカやイギリスで英語できなくてオドオドしちゃうのはしょうがないけどここは日本。

日本語で堂々としようよ!

酔っ払った外国人観光客にはノー!と言って警察へ。

ブラジルオリンピックでも水泳選手、酔ってお店を破壊したのにウソついて強盗にやられたなんて言って逃げたことがあったわ。

日本でそういうこと起こらないように。

今から心の準備を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。