先生の本音がポロっと出た瞬間

自称思想警察の私、看護学校の先生の本音がポロッと出た瞬間見逃しませんよ〜(笑)でもほんとのことでもあるんだろうから、何も苦情は言わなかったけど。

先生が働いていたところでの話をしてたんです。

先生「その、LPN(准看護師)、ナースにすぐに報告しなかったのよ!」

あの。。。先生、この学校、LPN(准看護師)を目指してる学生たちが通う学校なんですけど。自分たちはナースになるって張り切ってる学生たちが今この教室にいるんですけど。。。

やっぱりRN(正看護師)はLPN(准看護師)のことナースだと思ってないんだな〜。

と心の中で思った。

まあ短大や4年制を出てるRN(正看護師)と違って、LPN(准看護師)は1年コースだし。しょうがないけどね。

ふう、こういう愚痴は言うのはやめようって思ってたけど、最近は言い始めたら楽になること発見したので、クラスメートたちにランチのときにいってみた。

そしたら、すごーくさっぱりしてる感じのクラスメートが、「実は私も帰りの車の中で考えちゃった。同じ発言について。。」って言うから、私だけじゃないのね〜って嬉しくなった。

なんかアメリカではアメリカ人の前ではいつも明るくしてなきゃって思い込んでたけど、そうでも無いのね。

もうひとりのクラスメートは「うちのお母さんもLPNでずっとRNから差別されてたよ」と。

くそ〜って感じ。

ふふふ、じつは私、LPNになったらすぐにRN目指すプログラムに入る予定なので、もうその大学に問い合わせ中よ。

大量にある成績証明書送って、そのプログラムに入るためにあとどのクラスが必要か調べてもらえるの。サービス良いですよね〜。

介護職場の同僚ナースによると、最初からRNプログラムに入るより「LPNからRN移行プログラム」に入る方が入学許可おりやすいらしい。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村


アメリカ合衆国ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。