怪我のおかげ?シンスプリントの原因もわかりました。

肉離れを起こしてから、スポーツをする際の筋肉や関節の動きに興味が出て来て買った本、Anatomy for Runners。

Anatomy for runners

ちょっとした骨格のゆがみがいろいろなスポーツ障害につながるとは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本を読んでいて、ビックリ!なんと膝が内側に向いた、X脚のせいで、シンスプリントも起きるそうです!!!

ずっと前から、右側のスネが少しでも距離やスピードを上げるたびに痛くなり、練習量を増やせずにいました。膝の向きが原因だったとは。目からウロコとはまさにこのことです。

膝の向きも、膝がおかしいっていうのではなく、骨盤のあたりの筋肉の不安定さから来てるみたいです。ほんと体ってつながってるんですね!

昨日、理学療法士さんに教えてもらった、モンスターウォーク(私たちにとってはカニさん歩きという方がわかりやすいですよね)で、矯正できるらしいです。がんばります。

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎのストレッチと骨盤の周りの筋肉強化(膝が内側を向くのを矯正)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑のいちばん下の絵がカニさん歩きのエクササイズです。

あと、

エクササイズの図解

膝のためのエクササイズ

 

 

 

 

 

 

 

 

もいいらしいです。

リハビリのエクササイズどんどん増えてきて大変です

でも実は疑問が。。。筋肉痛にならないぐらいの軽い筋トレで、本当に筋肉強くなってるの?

別につらくもなく、筋肉痛も出なく、これで本当に筋肉強くなってるのかな〜。なってるんですよね!きっと。。

土台がちゃんとしてないところに、気合いだけでトレーニングしてても怪我するだけですよね。頑張ります!
↓の レゴの写真、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。